読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドーボックス shadow box art-cottage’s blog

シャドーボックス アートコテージ アメリカン3Dアート デコパージュ ペーパークラフト 立体絵画 3Dart 3D shadowbox artcottage

横浜シャドーボックス教室art cottageのブログです。
art cottageのホームページはこちら

◆◆◆表面張力でぷっくりレジンのよう。額入れせずにプラーク(飾り板)に乗せるピーマン◆◆◆

こんにちは。
アメリカシャドーボックス・art cottageアートコテージ認定講師、
日本シャドーボックス・ラ・マーニ認定講師のさくらです。

 今日は最後のプラーク作品をご紹介します。

f:id:art-cottage:20161022173605j:plain

ツヤッツヤですね!ぷっくり、つやつや、もうシャドーボックスなのかどうか怪しい感じですが、一応真ん中のピーマン&パプリカの部分は普通にシャドーボックスを作っています。よく見ると、層になっているのはわかると思います。

エンヴィロテックスという溶剤を使って仕上げています。
通称”ドロドロ”と言います。

 

こちらの作品は、

1、板にアルミホイルを貼る
2、作っておいたシャドーボックスをホイルの上に乗せる
3、ドロドロをたっぷりとかける
4、乾くまで放置する

という手順で作成です。
レッスンでポイントにするのは、

・アルミホイルの貼り方
・良いドロドロと悪いドロドロの見分け方(良い溶剤を買わないと失敗します)
・ドロドロをかける前の事前準備、
・ドロドロをかける前に、先に塗っておく溶剤について
・ドロドロのかけ方
・ドロドロが乾いた後の事後処理

なんだか、どろどろどろどろしていますね。
ポイントを習得せずにやると・・・

・ドロドロが汚い
・気泡が入って汚い
・板の裏側がべちょべちょに汚くなる

といった点で、失敗すると思います。
なかなか、曲者なやつです。

 

でも、よく出来ると、なんて可愛いやつなんでしょう。
表面張力でぷっくり、つやつやとした見栄えの素敵な作品に仕上がります。
事前準備とか、乾燥に時間がかかったりして面倒な点はありますが、
頑張り甲斐のあるプラークですね!

 

f:id:art-cottage:20161020192636j:plain

 

これで3種全て紹介しました。

 

次回はReinaのバラをご紹介する予定です。

ではこの辺で。

 

にほんブログ村ランキングに参加しています☺
ご訪問の記念に1日1回ボチッとお願いします🙇⤵励みになります😆
 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

ありがとうございます👍