読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドーボックス shadow box art-cottage’s blog

シャドーボックス アートコテージ アメリカン3Dアート デコパージュ ペーパークラフト 立体絵画 3Dart 3D shadowbox artcottage

横浜シャドーボックス教室art cottageのブログです。
art cottageのホームページはこちら

◆◆◆花びらが大きくて作りやすい〜中級レッスンにぴったりのReinaレイナ④ピーチローズ◆◆◆

こんにちは。
アメリカシャドーボックス・art cottageアートコテージ認定講師、
日本シャドーボックス・ラ・マーニ認定講師のさくらです。

 

今日は久々にReinaのお花の作品です。

ピーチローズ。


f:id:art-cottage:20161024153233j:image

 

シャドーボックスで、一番作るのが楽しくて、完成したときに喜びが大きいのは、私はお花の作品です。

花びらがリアリティーある花びらに丸められたとき、手前の花びらがきちんと収まるべき高さに収まったとき、ものすごく達成感があります。

そして、完成品を自分で見て自分でうっとり、、、とまでは言いませんが、風景より短い時間で作成できて満足度が大きいので、お花はオススメです。

難易度は、お花の本数と花びらの数、花びらの大きさによります。

同じバラでも、花びらが多いバラを選んでしまうとヒーヒー言って作りますが、こちらのピーチローズは花びらが少なくて大きめなので、初級~中級くらいの方でも難なく作れると思います。


f:id:art-cottage:20161024153941j:image

 

ちなみに、額装は雑貨屋さんで購入した平面額を使いました。アメリカで習ったアメリカ式(というか、矢村先生に習ったので矢村式)の額装です。

額屋さんで買ってきた大判のマットを、自分でマットカッターでカットするので手間はかかりますが、家に眠っているフォトフレームを使ったり、安くて可愛い額を探してきたりと、自由度が高いのがメリットです。

裏側はこんな感じで、紙貼りになっています。

 
f:id:art-cottage:20161024175147j:image


f:id:art-cottage:20161024175200j:image

 

以前、アメリカでクロスステッチにはまっていた時に、額屋さんにカスタムフレームをお願いして、3〜4万の結構高額なお金を払って刺繍を額装してもらったのですが、完成品はやはり同じ様な紙貼りだったので、アメリカでは一般的、というか、プロ仕様と言っても通用する額装の仕上げ方法の一つなんだと思われます。

 

やっぱりお花はいいですね💕


f:id:art-cottage:20161024175227j:image

では、今日はこの辺で。
次回は、イベントのお知らせができればと思っています!!

 

にほんブログ村ランキングに参加しています☺
ご訪問の記念に1日1回ボチッとお願いします🙇⤵励みになります😆
 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

ありがとうございます👍