読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドーボックス shadow box art-cottage’s blog

シャドーボックス アートコテージ アメリカン3Dアート デコパージュ ペーパークラフト 立体絵画 3Dart 3D shadowbox artcottage

横浜シャドーボックス教室art cottageのブログです。
art cottageのホームページはこちら

シャドーボックスの作り方④

シャドーボックスの作り方
作り方ブログ、ちっとも進まなくてすみません!
3つのレモンが描かれたこちらの絵のシャドーボックスを作っていきましょう、という記事を書いています。
今日が4回目です。

f:id:art-cottage:20160528220601j:image

③では、どのように重ねていくか、レモンよりも簡単な手書きの絵を使って説明しました。今回はまたレモンに戻りまして続きです。

基本的に、「この絵なら何枚の紙を使う」という決まりはありません。
慣れてくれば、少し考えれば「○枚でできるな」と感覚でわかってきますが、
最初のうちはインストラクションを描いてみてようやく結果論で「○枚必要だ」とわかります。
もしくは、最初から○枚入り、とセットになったプリントを購入する場合もあります。
その場合は、足りなければ細かい所なら無視してしまって独自パーツをとらなかったりもしますし、
見映えは少し落ちますが、切り離して貼るという手もあります。
(前回の記事③の案2のAとBのような切り方)
一番良い方法は、1層目や2層目などの下位層でそのあと3枚目、4枚目をもっと乗せていくところ、つまり「最終的に隠れる部分」を切り取っておいて、後でまた使う、というのが一番効率がよく、少ない枚数で立体を作れます。

少し脱線しましたが、レモンの絵のインストラクションは次のようにしました。
5枚使っています。
図にある手書きの①②③の数字は、乗せる順番を記したものです。

f:id:art-cottage:20160614104450j:image


f:id:art-cottage:20160614104528j:image


f:id:art-cottage:20160614104540j:image

それを実際切り取ったのがこちらです。

1枚目
f:id:art-cottage:20160613182947j:image

2枚目
f:id:art-cottage:20160613183002j:image

3枚目
f:id:art-cottage:20160613183046j:image

4枚目
f:id:art-cottage:20160613183102j:image

5枚目
f:id:art-cottage:20160613183119j:image

では、次回から乗せていきましょう。